小平市 東久留米市 西東京市 花小金井 歯科 歯医者【とみた歯科医院】ホワイトニング オールセラミック インプラント 審美歯科

入れ歯

Denture

金具のない入れ歯とは

金具のない入れ歯」とは部分入れ歯の金具(バネ)がない入れ歯で、「ノンクラスプ・デンチャー」とも言います。
一般的な部分入れ歯には、入れ歯が動かないようにするための金属製の金具(バネ)が付いています。この金属製の金具(バネ)が見た目上目立ってしまったり、また凹凸が舌に触れて気になります。
金具のない入れ歯」=「ノンクラスプ・デンチャー」はナイロン製の義歯床が金具の代わりになって義歯を支えます。
そのため、口を開けても金具が見えず、また保険の義歯よりも薄く仕上げることが可能なため、審美性に大変優れ、違和感も少なく好評です。
ただ、どんな症例にも対応するわけではなく、一般的には少数歯欠損症例に向いています。多数歯欠損症例でも対応可能ですが、表から見えない箇所に金属補強を要する場合もありますので、ご検討される方はぜひ一度ご相談ください。また市販の義歯洗浄剤を使用すると変色(退色)してしまう可能性がありますので、専用の義歯洗浄剤をご使用ください。
※写真は、左側が金具のついた保険の部分入れ歯、右側が「金具のない入れ歯」の一例です。

1義歯 80,000円(税抜)~
※入れ歯の大きさにより異なりますので、詳しくはご相談ください。

金具のついた保険の入れ歯 金具のない入れ歯

イボカップ重合義歯とは

保険の義歯は「レジン」という素材を使用しますが、この「レジン」は熱を掛けると必ず収縮します。義歯の作製過程ではレジンを加熱重合させるため、一定の重合収縮を起し、義歯の中に気泡が入ってしまったり、変形してしまう原因になります。
そのため、保険の義歯は精度も劣り、長く使用すると気泡の中へ色素の埋入や臭いの原因となったり、破折しやすくなってしまいます。
その弱点を克服する方法が『イボカップシステム』です。
イボカップシステムは、3トンの圧力に耐えるフラスコと重合収縮を補うことが出来る方法で、重合中にレジンに圧力をかけて収縮を補正しながら精度の良い義歯を作ることが可能な方法です。
イボカップ重合義歯は精度が高く、強度が強く、ニオイや汚れが付きにくく、長期間の使用にも変質しにくい、より精密な義歯と言えるでしょう。

義歯には他にも数多くの種類があり、症例によって様々な設計や材質を組み合わせることが可能です。当院では患者様のご要望にお応えすべく多種多様な義歯に対応できる技工所と提携しております。上記義歯以外でも作製可能ですので、お悩みの方は是非一度ご相談ください。

pagetop